犬のしつけ・愛犬情報フォードッグ/ヘッダーイメージ

UID
PWD
次回から自動的にログイン
愛犬情報フォアドッグ/迷い犬
千葉県
柴犬
愛犬情報フォアドッグ/迷い犬
山口県
柴犬
愛犬情報フォアドッグ/迷い犬
京都府
柴犬
愛犬情報フォアドッグ/迷い犬


犬のお手入れとしてのブラッシングや爪きり、また耳掃除や歯磨きなどは犬の体調や皮膚の状態を知る意味で重要な作業になります。忙しい飼い主さんもいるとは思いますが、出来るだけ時間をつくって行なってあげてください。こういう事は犬にとっては飼い主さんとの大切なスキンシップの時間ですので、ぜひ行なってあげてください。

また、マッサージなどは犬がすごく喜びますし、室内犬の場合はテレビを見ながらでも出来ますのでぜひやってあげて下さい。



毎日のお手入れや、シャンプー前にブラッシングは欠かせません。

ブラッシングは、被毛の汚れを取り除き、皮膚のマッサージ効果で血行を良くし、ノミやダニの早期発見にも繋がります。健康チェックとスキンシップの1つとして、毎日のブラッシングを習慣にしましょう。

最初の頃はブラシをあてる様にして子犬のうちから徐々に慣らしていき、慣れてきたらきちんとブラッシングする様にしてあげて下さい。足先やシッポは犬が嫌がるところなので無理をせずに優しくほめながらブラッシングしてあげましょう。

道具は、ピンブラシ・スリッカーブラシ・コームなどありますが、それぞれ犬種に合った物を使用して下さい。無理に引っ張ったりして痛い思いをすると、ブラッシングを嫌いになってしまうので最初は短い時間から始めて、徐々に時間を延ばしていきましょう。



長毛犬は特に毛玉が出来ないように注意して下さい。毛玉ができてしまうと衛生的にもよくないですし、なんといっても取り除くときにたいへん犬が痛がり皮膚を傷めてしまいます。無理に引っ張らず少しずつ解しながら取って下さい。



犬のツメは2週間に一度を目安に切ってあげる様にしましょう。

ツメが伸びると怪我の原因にもなります。また歩き難くなりますので気が付いたら切ってあげて下さい。

道具は市販されている物で、ギロチンスタイルかハサミがありますが、どちらでも結構です。切り方は少しずつ切るようにして、血管を切らない様に注意して下さい。

ツメを切る時はツメを切りすぎてしまった時の為に、止血用のパウダーを用意して行うようにして下さい。自信のない方は、トリマーさんや獣医さんにお願いしましょう。



犬には耳ダニなど耳を清潔にしていないと掛かってしまう病気がありますので飼い主のみなさんは必ず耳掃除をしてあげなければなりません。

特に耳のたれている犬は耳の中が蒸れた状態になってしまうので、匂いを嗅ぐなどして良く観察し、週に一度は耳掃除を行ってください。

方法は犬用の綿棒やカンシに脱脂綿を巻き付けたものを使い、優しく耳の穴を拭いて清潔にして下さい。もし耳の中がただれていたり、耳垢で詰まっていたり、クサイ匂いがしたら獣医さんに診て貰いましょう。



犬の場合は人間と一緒で、永久歯が生え変わる事はありません。ですから歯磨きをしてあげる事で歯を長持ちさせる事が大切です。

犬の大きさに合った歯ブラシで最低週一回は歯磨きをしてあげましょう。

歯磨きの方法は人間と一緒ですが、歯磨き粉は無くても構いません。歯の表面に付いた汚れを歯の根元から掻き出すように取ってあげてください。

犬が嫌がるようでしたら慣れるまでガーゼなどを指に巻きつけ、それを歯ブラシの代わりにしても良いでしょう。



基本的に歯石取りは歯磨きの習慣をつけていればそんなに頻繁に行う必要はありませんので出来れば獣医さんにお願いしましょう。

ただ、獣医さんで歯石をとる場合麻酔をかけて行います。老犬など体に負担をかけたくない場合は飼い主さんが取ってあげたほうが良いかも知れません。市販されているスケラーという道具で取ってあげましょう。



犬にも無駄毛はあります。トリミングを必要としない短毛種でもこれは行ってください。カットする場所は、肛門付近と足回りです。

道具は先の丸いハサミやバリカンを使ってください。肛門付近はウンチが付かない程度の範囲(半径1センチ弱)をカットして下さい。カットの際肛門が動きますので傷つけないように注意して下さい。

足回りの毛が伸びていると犬は大変歩きづらいものです。また滑りやすくなってしまうので関節にも負担が掛かりますので、きちんとカットしてあげて下さい。

目安としては歩く時に被毛が地面に付かない程度にカットします。また肉球の間の毛も肉球を傷つけない様に気をつけてカットしてください。普段から気をつけてあげて、伸びているなと感じたらカットしてあげましょう。